つれづれおさかな採集日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 採集行って来ました。(長野県)スワモロコ

<<   作成日時 : 2014/07/20 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

 ヒメドジョウを採集した後、向かったのは長野県某所。
 今回の採集の目的は絶滅したといわれていたスワモロコ。近年の論文では長野県某地方のタモロコ個体群が他の地域の個体群と遺伝子的にかなり違いがあるということで、実際にこの目で見てみたいと思い現地へ向かいました。

 この日は前日の大雨で本流は大増水。論文では某水系の支流や用水路で採集されているので、そのような場所を探しますが、どこも沢のような河川で、どうみても本種がいそうにもありません。

 そこで本流と並行して車を走らせ、ようやくみつけた水路を見つけました。早速網を入れますが、ドジョウ コイやフナ モツゴの幼魚ばかりで肝心のモロコ類は採れず。このあと数か所探しますが、全く採れなかったので、対岸側へ向かうことにしました。
画像

 ここは完全な三面護岸ですが、流れも緩いところがあり、一分の望みをかけて網を入れます。採れるのはドジョウ、カワヨシノボリやアメリカザリガニに混じってようやくそれっぽい個体が網に入りました。

一個体目
画像

画像


2個体目
画像

画像

 スワモロコは日本産魚類検索よれば、尾柄高÷頭長が45%よりも小さいことが条件のため、早速計測してみました。
 生きたまま計測しているので何回もやり直しましたが、2個体ともに40%を切っていたので、ホッとしました。

 個人的な印象では体に比べて各鰭が小さく、また頭部に比べて目が小さく見えます。特に背鰭は他の地域のタモロコと比べて際立って、小さい気がしますね。

 この場所以外で採れる気が全くしなかったので、思い切って日淡会の西村さんに電話をかけて聞いてみました。
 話の中で計測部位はまだ他にもいろいろあり、少なくとも尾柄高÷尾柄長も測った方がいいことや他のポイントも丁寧に教えて頂き、有難うございました。大変助かりました。
画像


 教えて頂いた場所では当初写真のような幼魚ばかりで、成魚が網に入りません。しかし幼魚が採れることからこの水路にいることは間違いないので、この周辺を丹念に探して採れたのが下の個体。

3個体目
画像

画像


4個体目
画像

画像

 尾柄高÷頭長は2個体ともに44%以下、また西村さんから教えて頂いた部位(尾柄高÷尾柄長)も家に帰ってから計測し、50%超えた個体は1個体のみでした。西村さんからもOKを頂いたので、一安心です。
 
画像

 参考に多摩川産のタモロコ。スワモロコと比べてスマートな印象ですね。多摩川産は遺伝的には大阪府、琵琶湖由来で、論文では大阪、琵琶湖産は長野県某地域個体群よりもホンモロコと遺伝的に近いようです。

 飼育してみると、泳ぎはタモロコ属中では一番下手で、定位していることが多く、またテリトリー争いも頻繁に起きます。
 エサ食いは良く、丈夫そうな種ですね。

最後にポチッとクリックしてもらうと有り難いです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒメドジョウにスワモロコ。
どちらも初めて存在を知りました。

モロコも奥が深いですね。
ヒメドジョウは、エゾホトケに似てますが、
国内固有種なのですか?
オイカワくん
2014/07/24 12:49
オイカワくんさんへ
ヒメドジョウはバリバリの外来種で魚類検索第三版によれば、アムール川から朝鮮半島に分布しているようです。
 推測ですが、恐らく鑑賞用に輸入されたものが、廃棄されたかで、定着したのではないかと思います。
ガク
2014/07/24 23:34
勝手な事を言わないで下さい。
スワモロコは絶滅種です
クニマスのように再発見されたとの報道もありません

スワモロコと断定されてない段階で素人が勝手に発表するなんて非常識です
田口
2014/09/29 12:43
田口さんへ
このブログはタイトルでもわかるように日記的なものです。
学術的なものではありませんし、法を犯したわけでもないので、素人ブログにいちいち目くじらたてないで下さいよ。
個人的に自由書くのは、憲法の表現の自由でも保障されているでしょ(法の中の自由と意味ですが・・)
この地域の個体群をスワモロコとした理由があって、その関連の論文が発表されるのを密かに楽しみしています。
内容に気に障るようでしたら、もう読まなければいいだけだと思いますが・・・・
あとあくまで推測ですが、フィールドガイド 淡水魚 識別図鑑の著者の方ですか?
本屋で立ち読みさせて頂きました。
拝読した自分の感想は控えさせて頂きますが、アマゾンのレビューにも投稿されているようにこんなブログに書き込むよりも、やることがあるような気がします。
違う方でしたらゴメンなさい
ガク
2014/10/01 00:06
とんでもない誤同定ならともかく、
同定の根拠も掲示していのですよ?田口さんとやら。
少し落ち着きなさい。

研究者に素人もプロもないでしょう?
何の肩書きを根拠にしているんやら…。
white-wings
2014/10/11 20:39
いわゆる亀レスですが田口さんに一言。
事情はわかりませんが田口さんとやら、
非常識なのはあなたの方ですぞ。

田舎者のアオギス
2015/10/07 21:03
田舎者のアオギスさんへ
コメ有難うございます。援護射撃感謝です。
ふるい記事ですが、いまさらながら批判は根拠を示してからしてほしいです。
ガク
2015/10/22 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
採集行って来ました。(長野県)スワモロコ つれづれおさかな採集日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる