つれづれおさかな採集日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 採集に行って来ました。@(静岡県)クモハゼ スジハゼ サツキハゼ他

<<   作成日時 : 2014/11/30 18:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

 先週末に今年最後の汽水採集へwhite-wings さんと行って来ました。
 当日は快晴で絶好の採集日和、海岸線沿いにのんびりと車を走らせます。
 ここは以前から気になっていた場所で、車を降りて辺りを見渡すと港からは釣りもでき、また泥搔きもできそうな場所があります。とりあえず水面を覗いてみると・・・・

画像


 サツキハゼがたくさん群れていたので、手網で二人がかりで追い込んで採集しました。岸壁には牡蠣が発達しており、網を入れるとすぐに牡蠣の中に隠れてしまい、採るのに苦労しました。
画像

 同所で同じようにして採ったクモハゼ。white-wingsさんが最初ヤハズではないかというので期待して観察ケース入れると、第一背鰭には明色帯と暗色帯があり、胸鰭の遊離分枝鰭条は3本なので、恐らくクモハゼではないかと・・・期待して残念
画像

 泥搔きができそうな場所があったので、早速やってみるとスジハゼ(写真は本種)マハゼ ヒメハゼ ヒナハゼ クロコハゼ チチブ類など入りました。スジハゼは以前のスジハゼb種とされていた種で、ツマグロスジハゼ(旧スジハゼa種)と区別できそうな写真を選んでみました。この日の昼間はあまり引かないし、時期的にも少し遅いのであまり期待はしていなかったのですが、この採集結果ではやはり夜の採集に不安がよぎります。(夜は最干潮で0pとかなり引くのですが・・・・)
画像

 カニ類はちょっと面白いのが採れました。white-wingsさんの見立てによるとマキトラノオガニとのことです。自分は初めて見ました。後日、本やネットで調べてみると似たような種が数種あるらしいのですが、同定ポイントが全く撮れていなかったので、持ち帰ったwhite-wingsさんに調べてもらわないと・・・
画像

 このカニも二人の間では自分はヒメヤマトオサガニ、white-wingsさんはヒメメナガオサガニではないかということで、意見が別れております。生息環境は水深1m前後(最干潮時)の泥底を泥搔して採集しました。数個体採集でき、甲幅は約2センチ〜3センチで抱卵個体もいました。どなたか詳しい方、ご教授下さい。
 写真を撮り終えて別河川へ移動です。
後にポチッとクリックしてもらうと有り難いです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした!
う〜ん、カニは実際謎ですね。
自分でもヒメメナガでは無い気がしてきました。
ただ、ヒメヤマトでもないとおもうんですよね…。
マキトラノオは多分正解じゃないかと思うのですが、ちょいと水槽引っ掻き回してみます。
white-wings
2014/12/07 23:12
white-wingsさんへ
先日はお疲れ様〜
あのカニは謎だね。
マキトラノオは歯ブラシで甲の汚れを取ってみないと駄目らしいよ
今回の採集でちょっとカニに興味が出てきました。
ガク
2014/12/08 21:12
最後のカニさんは少し前に拝見して、ヤマトオサガニの幼い雌のように見えるのですが、自信が無くて書けませんでした。何かの参考になればということで…。
西村
2014/12/12 20:52
西村さん有難うございます。
成程、ヤマトですか。採集環境は自分が良く知る環境とは違っていたので、考えもしませんでした。
white-wingsさんが標本しているようなので、今度精査してみます。

ガク
2014/12/12 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
採集に行って来ました。@(静岡県)クモハゼ スジハゼ サツキハゼ他 つれづれおさかな採集日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる